進路支援の特色

Career Support
進路支援・進路支援の特色

進路支援は入学と同時に始まり、3つの「R」を掲げて段階的に進む「3ヵ年進路支援プロジェクト」に基づいています。

生徒一人ひとりの適性、興味・関心、希望に適した支援を計画的に

3ヵ年進路支援プロジェクト

自己理解 -RECOGNIZE-
自身の資質を見つめ、将来の夢を想い描きます

進路学習においてまず大切なのは、自分自身を正しく知ることです。進路HRや各種適性検査などを通して、「どんな職業に向いているのだろう」「自分には何が不足しているのだろう」といった様々な観点から、冷静かつ大胆に考えてゆきましょう。
具体的には、面談や適性検査で、どの分野に適性があるのかを理解します。また、上級学校について学び、自分はどのような分野に興味・関心があるのかを発見していきます。

調査・研究 -RESEARCH-
進むべき道を意識し、キャリアプランを作成します

夢を実現するためには、いくつもの方法が考えられるはずです。これまでの『自己理解』をもとに、進路ガイダンスや上級学校体験などを積極的に活用して、各自の進路について主体的に調べ最良のルートを探しましょう。
具体的には、自分が興味・関心を持った分野をより深く調べます。オープンキャンパスにも参加し、実体験をもって進路研究をしていきます。また、各分野に必要な準備や学習を計画的に実行してきます。

自己実現 -REALIZATION-
希望する進路に挑み、夢への一歩を具体化します

進路選択とは目先の合格だけを求めず、将来を見据えて取り組むべきものです。十分な『調査研究』で得た情報を分析し、保護者や先生のアドバイスなどから総合的に判断して、夢の実現に繋がる新しいステップへと踏み出しましょう。
具体的には、描き出した目標の実現に向け、各自の対策を実行していきます。小論文や面接の練習はもちろんのこと、校内進路ガイダンスや進路面談などを通して、生徒一人ひとりの進路実現を支援していきます。