在校生の声

Voices
在校生の声

sample

田村 潤生君

選抜進学コース 1年生

 

流されずに自分の意志で「やる」と決める。
だから納得してすべてに精一杯取り組めるんだと思います。

中学時代も委員会には入っていましたが、憧れの「人をまとめる立場」に挑戦しようと思い学級委員に立候補しました。しっかり自分をアピールして選んでもらえたので、これまで気づかなかった新たな可能性を知り、生まれ変われたように思います。また以前は与えられたスケジュールに沿って行動していましたが、入学後は自分で計画するよう意識を変え、勉強にも部活にも積極的に取り組めるようになりました。納得して動いているので、両立ができていると思います。今後は人の役に立つために何が出来るかを考え、メリハリを付けつつクラスを盛り上げていきたいです。


 
sample

鈴木 康一郎君

特別選抜コース 2年生

部活も勉強もしっかり頑張りつつ、
新しい自分に挑戦することも出来ました。

中学の頃はリーダーシップを取ることが苦手な性格でしたが、高校では自分を変えたいと思い生徒会に入りました。自由ヶ丘学園はみんなが行事などに積極的に参加して頑張る点が魅力ですが、これからも全員が大きな視野を持ち、より一層、全力で取り組めるような学校にしていきたいです。強化部のサッカーフットサル部にも所属しているので、勉強とのバランスにも気を付けています。それぞれのバランスを崩さず結果を出す努力はしていますが、学校の恵まれた環境も続けられる理由だと思います。この環境をフル活用し、自分の将来に向けて進んでいきたいです。


sample

生田 尚也君

特別選抜コース 3年生

勉強の仕方に自信がなかった自分を、
変えてくれる先生と環境がここにありました。

中学では勉強方法も分からず苦手意識がありましたが、入学して先生に「本気で勉強するなら学校は全力で支えになる」と言われ頑張ろうと決心しました。階段を昇るだけで塾と同じような環境が整っている支援センターは、気軽に通い続けることができました。先生は基礎からの徹底的な復習に付き合ってくださり、おかげで難問もどんどん解けるようになって自分に自信が生まれました。ここまで変われたのは恵まれた環境と先生方のおかげです。英語が好きなので、将来は憧れの英語の先生のような教師か、国際関係の仕事に就いて世界で活躍したいです。