生徒支援

Student Support
生徒支援

「人に親しまれ信頼される人間になれ」という校訓のもと、人との関わりの中で他者を理解する姿勢を身につけ、思いやりと謙虚な姿勢、そして自信を持った人間を育てていきます。

「文武両道」から「夢」はうまれる

本校は「文武両道」の精神で励むことを目標に掲げており、勉強をはじめ、生徒たちが活躍できる部活動や委員会活動、学校行事など様々なステージが用意されています。これは何かに打ち込むこと、つまり「夢中」になる時間や環境が大切であると考えているからです。「夢中」になることで、新しく大きな「夢」がうまれ、人間は更なる飛躍を遂げることができます。自由ヶ丘学園では、教員と生徒が常に近い距離感を保っており、学園生活を共に過ごすことで生徒の夢に寄り添い、成長を支援しています。かけがえのない3年間を、共に学び、共に分かち合い、共に楽しめる場所が自由ヶ丘学園です。

「自主自立」と基本的生活習慣

高校生活は大人への成長の階段を登ることです。本校ではJ-ACTIVEの導入により、自ら考え主体的に行動する生徒の育成に努めています。そのためにもまずは基本的生活習慣を身につけることが必要であると考えています。学園生活全般における時間管理や、集団生活の基本となる挨拶、服装や頭髪などの身だしなみを整えることも心がけ、真の「自主自立」ができる人間の育成を目指します。

「万が一」に備えての「安心」

学校連絡網サービス

肝心なときに必要な情報をきちんと伝えるため、複数のメディア(メール・電話・FAX)に一斉伝達できるシステムです。正確な情報を「迅速に」「公平に」「全ての家庭に」お伝えします。

防災意識

本校では年2回「防災訓練」を実施しています。地震、火事…様々な緊急事態を想定した訓練を実施しています。
また、3日分の災害時備蓄食料や、寝袋・毛布・エアマット等も用意しており、緊急事態に備えています。