教育方針

School Philosophy
教育方針

ヒトは社会の中で他者と向き合いながら人間へと成長していきます。人間としてまず求められるものは、社会の一員として自己の立場を確立できる人間であるといえましょう。

本校では、建学の理念に基づいた人格の形成を目標に二つの教育方針を掲げています。また、これらの目標や教育方針は「人に親しまれ信頼される人間になれ」という校訓が端的に象徴しています。長い人生を自力で歩むためには、人に親しまれる人間的な魅力と自らの意思が社会の発展に寄与するという自信に裏付けられた信頼を得ることが必要です。

この校訓には、豊かな教養を身に付け、謙虚な姿勢と自信を持った人間へと成長し、3年後には新たな世界へと大きく羽ばたいてほしいという願いが託されています。正門には、「フェニックス(不死鳥)」の校章と「FRIENDSHIP AND TRUST(友情と信頼)」という言葉を掲げ、生徒への指針としています。

schoolIcon

1常に他者を理解しようと努めなさい。

  • 他者とは経験を共にできない存在です。したがって、自分とは異なった判断基準、価値観を持っています。このことを常に念頭に置き他者と向き合い、理解しようとお互いに努力することにより、円滑な人間関係がつくられるのです。

2分別をもち、継続する力を養いなさい。

  • 分別とは、自らの理性をもって物事の善し悪しを判断する能力であるとともに、他人のせいにすることなく自己および他者と素直に向き合う姿勢です。

  • 継続とは、何事にも諦めることなく粘り強く取り組む姿勢。継続の結果として得られるものが自信です。

Support Program
3ヵ年支援プログラム プログラムの3本柱

1学習支援 ~新しい5つの学び~

本校では、生徒の希望進路に応じた3つのコースを設置し、効果的な学習ができるように支援しています。また、「授業で伸ばす授業」をスローガンに掲げ、「J-ACTIVE」と「自由ヶ丘学習メソッド」を組み合わせた授業を実施し、生徒が主体的に学ぶことで、学習意欲を引き出し、学力向上につなげていきます。

2進路支援 ~3ヵ年進路支援プロジェクト~

本校では、「3ヵ年進路支援プロジェクト」にもとづき、1年次から計画的に進路支援を実施しています。生徒一人ひとりの適性、興味・関心、希望に適した支援を計画的に実施することで、充実した進路実現を目指しています。

3生徒支援 ~5つの学びの習慣~

「人に親しまれ信頼される人間になれ」という校訓のもと、他者を理解する姿勢を身につけ、思いやりのある人間味豊かな人格の形成を目指しています。