歴史

History
歴史

学園の歴史

昭和05年

自由主義教育を目標に掲げ、手塚岸衛により自由ヶ丘学園として創立。同時に町名および駅名が自由ヶ丘(現在は自由が丘)と改称される。

昭和10年

中興者藤田喜作により、男子中学校として新しく出発し、質実剛健の野草的教育を目標に、青少年の教育に専念する。

昭和23年

教育制度改革により、校名を自由ヶ丘学園中学校高等学校と改称する。

昭和34年

中学校を休校とし、校名を自由ヶ丘学園高等学校と改称する。

昭和39年

校舎の鉄筋化と教育設備を充実。

昭和43年

1号館・2号館・3号館の建設により、校舎の鉄筋化をはかる。
同窓生によって、藤田喜作先生の胸像が建立される。

昭和48年

藤田喜作理事長・校長死去。藤田京子、理事長に、高須賀品一、校長に就任する。

昭和51年

順次校舎の改修工事をすすめ、教育環境の改善、充実をはかる。

昭和53年

生徒用個人ロッカーを設置する。

昭和57年

高須賀校長退任。林田茂、校長に就任する。

平成03年

藤田龍二、理事長に就任する。
林田校長退任。大橋恒夫、校長に就任する。
全館に冷暖房設備を設置する。

平成06年

体育館新築。

平成07年

5号館新築。道場・図書室・LL教室・美術室完成。

平成08年

6号館新築。家庭科実習室・理科実験室・音楽室・トレーニング室・普通教室等が完成。
学校隔週5日制実施。

平成09年

1号館新築(6教室)。

平成10年

大橋校長退任。駒場勝、校長に就任。
2号館新築(地下1階地上4階)。事務室・生徒ホール・特別教室・普通教室・礼法室・応接室・会議室・第1・2視聴覚室等が完成。
推薦試験制度導入。

平成11年

3号館新築(地下1階地上3階)。コンピュータ室・トレーニング室・職員室・普通教室等が完成。
校庭整備。

平成13年

付属棟(多目的実習教室)完成。
創立70周年記念事業実施。

平成15年

新カリキュラムへ移行。

平成17年

駒場校長退任。藤田龍二理事長、理事長・校長に就任する。

平成20年

藤田校長退任。若林弘吉、校長に就任。
学校6日制実施。特待生制度導入。カリキュラム一部改定。
スクールeステーション導入。コンピュータ室改装。

平成21年

自立学習支援システムを導入。

平成22年

特別進学コース・選抜進学コース、一般コースの3コース制とし、学習・進路支援の充実、強化をはかる。
付属棟下に一般教室を増設。5号館2階を学習支援室に改装。

平成23年

一般コースの名称を総合コースに改称する。
創立80周年記念誌発行。

平成24年

「自由ヶ丘学園 学習メソッド」を導入。

平成25年

校庭を人工芝に整備。

平成26年

新しい3コースに改編。

平成27年

藤田理事長退任。若林弘吉、校長退任、理事長に就任。田中道久、校長に就任。
授業に「Jアクティブ」(アクティブラーニング)を導入。

平成28年

硬式野球部創部。
学習支援センター導入。
カフェテリア導入。

校歌

School Anthem
校歌

自由ヶ丘学園 校歌

一、

我等が象徴フェニックス
いざ春風にはばたいて
遠くかけらん 我が友よ
全人類の理想峰
霧のなかに我を呼ぶ
ああ学園 我が母校

二、

征けや真理の大道を
暗黒の世はつづくとも
我が手にもてる灯火は
希望の光明らかに
征くてをはるか照らすなり
ああ学園 我が母校

三、

起てや自由の丘の上
高き大空青くして
若きいのちは赤く燃ゆ
歓喜にもろ手高く上げ
いざやおどらん若人よ
ああ学園 我が母校

自由ヶ丘地名の由来

自由ヶ丘という知名の由来は、未だ何人の記憶も新たなことで、今更らしく書き記す必要もないが、唯今度何年かの後には、その由来を知る人も少なくなるであろうから、ここに略記して記録にとどめておきたいと思う。

自由ヶ丘なる名称の起りは、昭和二年十一月十四日此地に設立された自由ヶ丘學園に出發する。この學園は、自由教育を標榜して立った手塚岸衛氏の経営で、中學校、小學校、幼稚園を併設したのである。
一方東京横濱電鐵は己に同年八月開通し此地に九品佛前驛なるものを設けていた。所が其後二年を経て經て、昭和四年十一月大岡山より二子玉川まで、所謂二子線を開通するに当って、九品佛驛なる名称を、距離の関係上、同線上の寺境内に向った参堂の入り口に設けたので、先の驛名改称の必要が起り、会社は之に自由ヶ丘驛という創作新驛名をつけた。

驛名が自由ヶ丘となったので、附近に新しく居住した人達は、いつの間に郵便物などに自由ヶ丘驛前何番地と書く様になり、次第にそれが地名化して来て、遂に知名の改正を要求する聲とまでなって来た。

偶々衾西部耕地整理組合では、換地処分の認可や、町区域変更を申請する必要が起っていたので、重ねて、この地域改称要望の聲を極めて勇敢に取り入れ、之れが組合区域全部―後掲の如く、谷山野、谷畑西、谷灰野良、谷鷺草、中根西、谷権現前の全部、谷畑中、谷向下の一部―に汎って、自由ヶ丘と改称する事に申請した。斯くて昭和七年六月十六日付、東京府告示第三百四十七号に依り、碑衾町自由ヶ丘と認可せられ、尚同年十月一日の市域拡張の際にもそのままに、今日大東京の新興街衢を表わす目黒区自由ヶ丘となるに至ったのである。

斯くて自由ヶ丘學園(學校名)から自由ヶ丘(驛名)になり、更に轉じて附近一圓の知名となった譯で、今日までの多くのものと全く反対の行方をしたもので、地名としては全く類のない、珍しい由来を持ったものという事が出来よう。

参考文献『目黒区史』(目黒区)
出典 学校法人 自由ヶ丘学園『学園の70年 自由ヶ丘中学校高等学校の軌跡』2001.11
(自由ヶ丘学園創立70周年記念誌)